2017年01月15日

【2017年宅建試験】仕事に活かす為の試験対策に、試験時間を効率

不動産の仕事を目指すから、知識を高めるには
必須の資格「宅建士」

この資格がないと、求人の応募が出来ないという事も
転職、就職に、強い威力がある「宅建士」を
2017年こそ取得したいですよね?

試験勉強を「過去問」の繰り返しで
何回も何回も、繰り返すという「宅建士」試験対策では
時間が足りないし、効率的でないと分かっていますが・・・

宅建士試験に1発合格の可能性を高めるには??
2017年の試験には・・・

宅建士試験の膨大な試験範囲を絞り込み、
合格ラインの点数以上を得点するための試験戦略を考える

東大式記憶術により、効率よく長期記憶することができるよう

宅建士試験に合格するためには、満点ではなく合格ラインの得点を狙えばいいのです!

ただし、単に手を抜けばよいということではなく、試験範囲の中から捨てる項目としっかり覚える項目とを判別し、必要なものだけを確実に頭に入れるという学習が必要です。

資格取得するのは、
その合格を手にしたいのではなく

就職、転職などで活かすために
仕事で活躍するための

「宅建士試験」に挑戦するという事を考えると
合格さえしてしまえばいいという考え方も

効率よく合格して、その後の仕事、業務に繋げたい

その為には、効率よく2017年こそ「宅建士試験」に試験時間、勉強しないといけません

試験に注目してみます。
過去5年間の合格点数からもわかるように宅建士試験は、
7割前後、得点ができれば合格基準点なのです。

あなたが目指すのは「宅建士試験に合格すること」であり、
「宅建士試験で満点を取ること」ではない、という事をしっかり心に留めてください。

当たり前のようなこの意識の違いが、非常に大きな学習効率の差をもたらします。

宅建士試験は、7割前後の得点を取ることができれば十分に合格できる試験です。
合格ライン以上の点数を目指せばよいのですから、満点を取る必要はありません。

しかし、このことを意識していないと、
一生懸命に勉強すればするほどいつの間にか、「試験に合格するためには、全てのことを完璧に覚えないといけない」となりがちなのです

従って、出題される可能性の高い出題範囲に絞って学習する事が重要です。

【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム
タグ:2017 宅建試験
posted by 宅建試験に合格 at 02:56| 宅建合格の攻略マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする