2017年01月02日

【宅建試験に過去問のみ?】合格率から「満点」は必要ない、合格のみ

宅建試験対策で、短期間で学習効果をあげることが可能になるって信じる事ができますか?
宅建士試験で出題される5科目は、勉強方法も合格点をとるための戦略も全く違います。
それぞれの科目をしっかり分析して合格ラインである33点以上得点するため計画を練る必要があります。
この東大式プログラムを読めば 、あなたにあった戦略を練ることができるため、
短期間で学習効果をあげることが可能となります。。




宅建士試験に一発合格するためには
試験対策では

まず、1つ目は、宅建士試験の膨大な試験範囲を絞り込み、
合格ラインの点数以上を得点するための試験戦略を練ったからです。

2つ目は、東大式記憶術により、効率よく長期記憶することができるようになったから

宅建試験の試験範囲は
「膨大」になります。
試験範囲からの絞り込みが必要になります。

宅建士試験に合格するためには、満点ではなく合格ラインの得点を狙えばいいのです!

ただし、単に手を抜けばよいということではなく、試験範囲の中から捨てる項目としっかり覚える項目とを判別し、必要なものだけを確実に頭に入れるという学習が必要になります。


宅建試験の合格率としては
過去5年間の合格点数からもわかるように宅建士試験は、
7割前後、得点ができれば合格基準点なのです。

あなたが目指すのは「宅建士試験に合格すること」であり、
「宅建士試験で満点を取ること」ではない、という事をしっかり心に留めてください。

当たり前のようなこの意識の違いが、非常に大きな学習効率の差をもたらします。

宅建士試験は、7割前後の得点を取ることができれば十分に合格できる試験です。
合格ライン以上の点数を目指せばよいのですから、満点を取る必要はありません。

しかし、このことを意識していないと、
一生懸命に勉強すればするほどいつの間にか、
「試験に合格するためには、全てのことを完璧に覚えないといけない」となりがちなのです

従って、出題される可能性の高い出題範囲に絞って学習する事が重要です。


【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム

宅建試験の問題は
過去問から、7~8割出題されているようですが

しかし、過去問題を繰り返す
その試験対策が、効率いい試験勉強、作業時間になるかというと・・・

当然、過去問題と同じ問題が出題される訳ではありませんが、
本試験で、どの辺りの知識を、どのように問われるのか?という傾向を知るためには、やはり過去問題が最適です。

「過去問題」を学習することで、どんなレベルの知識が、どのような形式で問われるのか?という情報を知ることができ、それに沿って付随した知識内容を学習することで、効率よく試験勉強に取り組むことができます。

試験で問われるレベルの把握ができないと、余分な知識まで詰め込んでしまうことにもなるからです。
posted by 宅建試験に合格 at 01:33| 東大式記憶術で宅建合格に | 更新情報をチェックする