2017年01月28日

【宅建とは?】資格合格を目指すのは、就職転職に活かしたいから

不動産業界に就職、転職を目指すなら「宅建」試験合格しておきたいですよね?
昔から、現在まで不動の人気資格である、宅建合格しておきたいですね。

じつは、資格合格するには
難しくないという事です。

home_title2.jpg


宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法

宅建士試験は短期決戦に向いた試験です。最大限無駄を無くし、効果的な
記憶法を使うことで、平日朝1時間、夜1時間の勉強で(土日は3時間します)、
約3ヶ月後に合格圏内に入ることができます。
 もっと短い期間で合格する必要がある場合は、残りの日数から逆算して
1日の学習時間を増やすことになります。

私は5つの国家試験の講師経験がありますが、他の法律系国家試験にくらべ、
宅建士試験は覚えるべき事項はかなり絞り込むことができます。
また、出題形式も択一式のみでシンプルですから、出題形式に
わずらわされることもありません。

 ひたすら、先ほど書いた「試験に出る宅建士試験の超重要事項」を覚え、あとは
実践力を磨くためのトレーニングをしていけば自然に合格は見えてきます

転職、就職で、宅建資格を活かしたい人には
資格合格を超えて、その先を早く挑戦したいですよね。

そのために、試験合格には時間をかけたくない
短期間に、一気に勉強して対策しておきたい

独学初学者の方が短期合格のために必要な
要素についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

繰り返しになりますが、最も大事なことは、2つだけです。

「合格に必要なところだけ完璧にする」
「短期間で確実に覚えられる記憶法を使う」

 これができるかどうかで独学で短期合格の成否は決まります。
現在、これを実践するための「坪式(ツボシキ)学習法」という独自の学習法モデルを考案し、
大学の宅建講座の生徒さんにも結果を出してもらっています。

 もし、あなたに興味を持ってもらえたのであれば、
本来は私の大学の講座に通っていただくのが
ベストではありますが、なかなか現実には叶わないと思います。

 そこで、あなたがどこにいてもこの学習メソッドをお伝えできるよう、
今までの指導経験の集大成として1冊の学習マニュアルの中にエッセンスの
すべてを詰め込みました。

 それが「坪式宅建学習法」です。

宅建士試験は理解か? 暗記か?
「法律の勉強だからまずは理解して・・・」と考える方も多いでしょう。
ただし、「覚えることを避け、“理解”に逃げるうちに
試験日がやってきてしまった」という失敗パターンだけは避けて欲しいのです。

 宅建士試験は論述式ではなく、択一式です。
試験では理解の度合いを問うわけではありません。権利関係でも、条文、判例といった
事柄を知っているかが問われるのです。それも、うろ覚えでなく正確に知っているかを。

 “理解”は、勉強の面白さ・醍醐味でもありますが、ここに軸足を置いてしまうと
学習期間はどこまでも長くなってしまいます。
また、どんなに理解を深めても、宅建士試験で問われる細かな知識が自然に覚えられるわけではありません。

「試験に出題されることは確実に覚える。暗記する。理解は暗記を助けるためのもの」
このことを前提にした学習法をお伝えします。

宅建資格合格は、転職、就職などに活かす為
活かしたいからですよね。


試験勉強で、試験対策が目標でありませんから

独学で初学者の方が、ゼロから勉強を始めて3ヶ月間で合格するための
具体的スケジュールをプログラムとして作っています。

 平日は朝1時間と夜1時間(計2時間)、土日は各3時間の学習時間で
合格するプログラムです。働きながらでも十分こなせると思います。
全体を大きく3期に分けて、期別の学習科目および各科目の学習時間、
および具体的にこなすべきことまで詳しくお伝えします。
 これをペースメーカーにして、合格まで一直線に走りきってください。

*事情によりかなり短い期間で合格する必要がある方もいるかもしれません。
また、平日・土日の学習時間を増減したい場合もあるでしょう。そういった場合は、
自分の状況に合わせてスケジュールを組み替えていただいて結構です。
プログラムのルールにのっとって、毎月の学習時間、1日の学習時間をはじき出してください。
それが、あなたが次回の試験で合格するための日々の最短の学習時間です。


宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法
posted by 宅建試験に合格 at 03:18| 宅建合格の攻略マニュアル | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

【2017年宅建試験】試験対策用のテキスト、問題はどう選んで実践を

宅建試験に合格したいのは、その先の就職転職などにつなげたいから
そのために、2017年こそ、宅建試験に合格して、その先に挑戦したい

決して難しい試験でないという事が
「宅建試験」について言えるってご存知ですか?

home_title2.jpg


宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法
資格がないと求人に応募できない
仕事を担当できないという事がある、業務に必須の「宅建」になりますが

最も大事なことは、たった2つ
・合格に必要なところだけ完璧にする
・短期間で確実に覚えられる記憶法を使う

この2つを実践すれば宅建士試験は決して難しい試験ではありません。
“自己流の勉強法でやっているけれど、どうも手ごたえが無い”という方は

試験対策には?どのように
宅建士試験を勉強中の方は何科目学習されているでしょうか?

短期合格を目指す受験生はズバリ「主要3科目だけ」をまず制覇してしまうことを
お勧めします。

この3科目で8割以上の配点になっており、実はやり方次第で
3科目の学習で合格点を取ることが実際にできるのです(理由は後でお話します)。
ここで思い切って科目を絞れると、後の勉強がかなりやりやすくなります

宅建試験に合格するための勉強は?どれくらいの勉強期間時間が??

おそらく「いったいその方法でどれぐらい勉強すれば宅建試験に合格できるのか?」
が気になることと思います。私の勧める坪式(ツボシキ)学習法カリキュラムでは、
平日朝1時間・夜1時間、土日は3時間程度の勉強時間を取れれば
3ヶ月で合格ラインを突破できるプログラムになっています。

これは、現在の宅建士試験において「3ヶ月」という期間は「最小の時間」と
考えていただいてよいでしょう。
(したがって、もっと短い期間で合格を目指す場合は、1日の学習時間を
逆算して増やすことになります)

宅建の参考書は?
資格試験に慣れている方は、その試験を振り返ったときにこんなことを思われたことがあるかもしれません。
「重要マークや重要の太字は、たくさん参考書に出てきたけれど、合格に必要な重要部分はその中の2割ぐらいだったな・・・」と。

さて、今回私は時間をかけて徹底的に市販の参考書(基本書)を精査してみると・・・

そこで分かったことは、共通して「データが古い」ということ。
毎年新年度版を出版するものの、新しい出題傾向を取り入れて
改訂していないのです。

 例えば、過去10年間一度も出題されたことのない箇所に、
「重要!」「頻出」マークが付いていることも珍しくありません。
そのような箇所を一生懸命覚えようとするのはナンセンスです。

試験に出題される部分を集中的に?
宅建試験勉強ができる??

もちろん心配は要りません。
「高い確率で試験に出る箇所」については
やり方によってかなりの部分特定できる試験なのです。

参考書の重要度記載には惑わされないようにしながら、
私の勧める方法論を実践してもらえば、勉強すべき箇所(=試験に出題される箇所)
がかなり絞られてくることが分かっていただけます。


ちなみに「学習範囲を徹底的に絞り込む」のは、私の得意分野です。
私自身、宅建士試験と行政書士試験を同じ年にダブル受験して一発合格しています。
さらに、次の年には社労士試験にも一発合格を果たしました。

 何よりも「試験に出るところを掴みとる方法論を見つけ出し」
「そこだけを徹底学習する。」方法を貫いたからです。
学生で社会経験がなかったので、法律条文の意味なども正直よく分からない
ところも多かったものです。
 しかし、試験に出るところがわかっていたので、理屈の理解はともかく
そこを覚えるだけで正解を導くことができました。

 時間がなかったからこそ無駄を一切省く方法を編み出せました。
その時に考えだした方法は今でも変わらず有効で、宅建士試験に限らず、
生徒さんには結果で証明してもらっています。


宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法

知識ゼロから最短合格する勉強方法が

宅建士試験に挑戦する方にあるって事をお伝えしたい

・どの参考書を使い、何を覚えていけばよいか分からない・・・
・過去問を繰り返し解いてもちっとも頭に入らない
・基本書を覚えるだけでも、時間がかかりとても間に合いそうにない

宅建士試験は短期決戦に向いた試験です。最大限無駄を無くし、効果的な
記憶法を使うことで、平日朝1時間、夜1時間の勉強で(土日は3時間します)、
約3ヶ月後に合格圏内に入ることができます。
 もっと短い期間で合格する必要がある場合は、残りの日数から逆算して
1日の学習時間を増やすことになります。

 私は5つの国家試験の講師経験がありますが、他の法律系国家試験にくらべ、
宅建士試験は覚えるべき事項はかなり絞り込むことができます。
また、出題形式も択一式のみでシンプルですから、出題形式に
わずらわされることもありません。

 ひたすら、先ほど書いた「試験に出る宅建士試験の超重要事項」を覚え、あとは
実践力を磨くためのトレーニングをしていけば自然に合格は見えてきます。
ラベル:2017
posted by 宅建試験に合格 at 03:07| 宅建合格の攻略マニュアル | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

【2017年宅建試験に】独学で勉強法はどうしていますか?過去問で?

宅建試験の合格のため、勉強方法はどうされていますか?
2017年こそ、宅建試験に合格して、就職に転職に繋げたいですよね?

試験合格の先の仕事に
スキルアップのために、すぐに合格したい一つの
目標であります、「宅建試験」

そのため、勉強方法によって
試験対策、勉強時間が大きくかかわってくると思いますが

「過去問」を繰り返し
何度も解くという方法で、2017年の「宅建試験」にも挑戦する考えでしょうか??

【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム

合格への道には??

宅建士試験に合格するためには、満点ではなく合格ラインの得点を狙えばいいのです!

ただし、単に手を抜けばよいということではなく、試験範囲の中から捨てる項目としっかり覚える項目とを判別し、必要なものだけを確実に頭に入れるという学習が必要です。

宅建合格は、通過点、その先の就職、転職に活かすために
記憶するには、脳が記憶する原理に沿って作業を行うことが一番の近道です。

それには、「くり返す」こと、
そしてその中で「思い出す」作業をくり返すことです。

これに対して「1回で記憶できる方法はないの?」「くり返さなくてもいい方法はないの?」と思われる方もいるかも知れませんが、これが脳が記憶する原理ですので、私たちはここから逃れることはできません。 それは「脳を使わずに、記憶する方法はないの?」と言っているのと同じだからです。

私の東大式記憶術を幼稚園に通う子供にも試したところ、
なんと2週間で小学校指定漢字1006文字を読めるようになりました。

通過点になる、宅建試験に
2017年こそ、合格したいと思っている人に
過去5年間の合格点数からもわかるように宅建士試験は、
7割前後、得点ができれば合格基準点なのです。

あなたが目指すのは「宅建士試験に合格すること」であり、
「宅建士試験で満点を取ること」ではない、という事をしっかり心に留めてください。

当たり前のようなこの意識の違いが、非常に大きな学習効率の差をもたらします。

宅建士試験は、7割前後の得点を取ることができれば十分に合格できる試験です。
合格ライン以上の点数を目指せばよいのですから、満点を取る必要はありません。

しかし、このことを意識していないと、
一生懸命に勉強すればするほどいつの間にか、「試験に合格するためには、全てのことを完璧に覚えないといけない」となりがちなのです

従って、出題される可能性の高い出題範囲に絞って学習する事が重要です。


【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム

過去問の繰り返しの、勉強方法では??

「満点ではなく合格ラインの得点を狙う」といっても、ただ単に手を抜けばよいということではなく、試験範囲の中から捨てる項目としっかり憶える項目とを判別し、必要なものだけを確実に頭に入れるという学習が必要です。

この時、学習すべき項目の指針となるのが、
本試験に一番近い情報である、「過去問題」です。

当然、過去問題と同じ問題が出題される訳ではありませんが、
本試験で、どの辺りの知識を、どのように問われるのか?という傾向を知るためには、やはり過去問題が最適です。

「過去問題」を学習することで、どんなレベルの知識が、どのような形式で問われるのか?という情報を知ることができ、それに沿って付随した知識内容を学習することで、効率よく試験勉強に取り組むことができます。

試験で問われるレベルの把握ができないと、余分な知識まで詰め込んでしまうことにもなるからです。

posted by 宅建試験に合格 at 06:50| 宅建合格の攻略マニュアル | 更新情報をチェックする

【2017年宅建試験】仕事に活かす為の試験対策に、試験時間を効率

不動産の仕事を目指すから、知識を高めるには
必須の資格「宅建士」

この資格がないと、求人の応募が出来ないという事も
転職、就職に、強い威力がある「宅建士」を
2017年こそ取得したいですよね?

試験勉強を「過去問」の繰り返しで
何回も何回も、繰り返すという「宅建士」試験対策では
時間が足りないし、効率的でないと分かっていますが・・・

宅建士試験に1発合格の可能性を高めるには??
2017年の試験には・・・

宅建士試験の膨大な試験範囲を絞り込み、
合格ラインの点数以上を得点するための試験戦略を考える

東大式記憶術により、効率よく長期記憶することができるよう

宅建士試験に合格するためには、満点ではなく合格ラインの得点を狙えばいいのです!

ただし、単に手を抜けばよいということではなく、試験範囲の中から捨てる項目としっかり覚える項目とを判別し、必要なものだけを確実に頭に入れるという学習が必要です。

資格取得するのは、
その合格を手にしたいのではなく

就職、転職などで活かすために
仕事で活躍するための

「宅建士試験」に挑戦するという事を考えると
合格さえしてしまえばいいという考え方も

効率よく合格して、その後の仕事、業務に繋げたい

その為には、効率よく2017年こそ「宅建士試験」に試験時間、勉強しないといけません

試験に注目してみます。
過去5年間の合格点数からもわかるように宅建士試験は、
7割前後、得点ができれば合格基準点なのです。

あなたが目指すのは「宅建士試験に合格すること」であり、
「宅建士試験で満点を取ること」ではない、という事をしっかり心に留めてください。

当たり前のようなこの意識の違いが、非常に大きな学習効率の差をもたらします。

宅建士試験は、7割前後の得点を取ることができれば十分に合格できる試験です。
合格ライン以上の点数を目指せばよいのですから、満点を取る必要はありません。

しかし、このことを意識していないと、
一生懸命に勉強すればするほどいつの間にか、「試験に合格するためには、全てのことを完璧に覚えないといけない」となりがちなのです

従って、出題される可能性の高い出題範囲に絞って学習する事が重要です。

【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム
ラベル:2017 宅建試験
posted by 宅建試験に合格 at 02:56| 宅建合格の攻略マニュアル | 更新情報をチェックする

【2017年の宅建試験】合格を目指している方に、就職転職に強みが

2017年の「宅建試験」に合格を目指したい
どうしても、今年こそは合格したいと思っている方に

試験合格だけでなく、その先の就職、転職に
この資格「宅建」を活かすことが出来るという点からも
試験勉強する価値がある事になりますよね?

仕事に活かせる、「宅建」保有していないとできない仕事業務がありますから

手に職という点から、2017年は、「宅建試験」合格を目指したい

その合格を効率的に考えて頂けるように

誰でも短期間の勉強で宅建士試験に合格できるように

開発したのが「東大式記憶術宅建士試験一発合格脳プログラム」


【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム

宅建士試験までの期間が残り少ないこの時期からは、

学習時間をいかに確保できるか?ということが非常に重要になってきますが、

日々の仕事や家事に追われて、なかなか机に向かう時間がない、
という方も多いのではないでしょうか。

もし、あなたも働きながら試験勉強に取り組んでいるとしたら、

机に向かえる、まとまった時間だけでなく、

ほんの少しのスキマ時間でも、
いつでも、どこでも勉強できるというイメージに切り替えましょう。

1回10分のスキマ時間でも、

1日に3回あれば30分、

1週間で210分・・・3時間半の勉強時間になります。

この少しの意識の差が、習慣の差になり、合否を分けるのです。

学校の勉強のイメージを引きずって、
まとまった時間がないと勉強ができない、と言う思い込みをするのは致命的です。

スキマ時間を勉強時間に変えて、学習時間の絶対量を増やしていきましょう。

スキマ時間の使い方が試験の結果を左右するといっても過言ではないでしょう。

たった、3ステップを
こなしていく事で、宅建試験合格するための試験対策を行えます。

シンプルなこの3つのステップを、自宅で、通勤中、好きな時間に取り組めば、
宅建士試験に合格できる知識をグングン身に付けることができ、
さらに宅建士試験対策のトレーニングもできるのです。
ラベル:宅建試験 2017
posted by 宅建試験に合格 at 02:48| 宅建合格の攻略マニュアル | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

【宅建試験に過去問のみ?】合格率から「満点」は必要ない、合格のみ

宅建試験対策で、短期間で学習効果をあげることが可能になるって信じる事ができますか?
宅建士試験で出題される5科目は、勉強方法も合格点をとるための戦略も全く違います。
それぞれの科目をしっかり分析して合格ラインである33点以上得点するため計画を練る必要があります。
この東大式プログラムを読めば 、あなたにあった戦略を練ることができるため、
短期間で学習効果をあげることが可能となります。。




宅建士試験に一発合格するためには
試験対策では

まず、1つ目は、宅建士試験の膨大な試験範囲を絞り込み、
合格ラインの点数以上を得点するための試験戦略を練ったからです。

2つ目は、東大式記憶術により、効率よく長期記憶することができるようになったから

宅建試験の試験範囲は
「膨大」になります。
試験範囲からの絞り込みが必要になります。

宅建士試験に合格するためには、満点ではなく合格ラインの得点を狙えばいいのです!

ただし、単に手を抜けばよいということではなく、試験範囲の中から捨てる項目としっかり覚える項目とを判別し、必要なものだけを確実に頭に入れるという学習が必要になります。


宅建試験の合格率としては
過去5年間の合格点数からもわかるように宅建士試験は、
7割前後、得点ができれば合格基準点なのです。

あなたが目指すのは「宅建士試験に合格すること」であり、
「宅建士試験で満点を取ること」ではない、という事をしっかり心に留めてください。

当たり前のようなこの意識の違いが、非常に大きな学習効率の差をもたらします。

宅建士試験は、7割前後の得点を取ることができれば十分に合格できる試験です。
合格ライン以上の点数を目指せばよいのですから、満点を取る必要はありません。

しかし、このことを意識していないと、
一生懸命に勉強すればするほどいつの間にか、
「試験に合格するためには、全てのことを完璧に覚えないといけない」となりがちなのです

従って、出題される可能性の高い出題範囲に絞って学習する事が重要です。


【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム

宅建試験の問題は
過去問から、7~8割出題されているようですが

しかし、過去問題を繰り返す
その試験対策が、効率いい試験勉強、作業時間になるかというと・・・

当然、過去問題と同じ問題が出題される訳ではありませんが、
本試験で、どの辺りの知識を、どのように問われるのか?という傾向を知るためには、やはり過去問題が最適です。

「過去問題」を学習することで、どんなレベルの知識が、どのような形式で問われるのか?という情報を知ることができ、それに沿って付随した知識内容を学習することで、効率よく試験勉強に取り組むことができます。

試験で問われるレベルの把握ができないと、余分な知識まで詰め込んでしまうことにもなるからです。
posted by 宅建試験に合格 at 01:33| 東大式記憶術で宅建合格に | 更新情報をチェックする

【宅建試験に独学で挑戦】おすすめテキストは?難易度、合格率など

宅建士試験の膨大な試験範囲ですが
宅建士試験に一発合格するためには、
・合格ラインの点数以上を得点するための試験戦略を練ったから
・東大式記憶術により、効率よく長期記憶することができるようになったから

シンプルなこの3つのステップを、自宅で、通勤中、好きな時間に取り組めば、
宅建士試験に合格できる知識をグングン身に付けることができ、
さらに宅建士試験対策のトレーニングもできるのです。

「宅建試験」の難易度や、合格率なんて
合格ラインの得点を狙う事のみを考えて、試験対策していきます。



宅建試験対策では、時間の使い方が重要になります。

試験までの期間が残り少ないこの時期からは、

学習時間をいかに確保できるか?ということが非常に重要になってきますが、

日々の仕事や家事に追われて、なかなか机に向かう時間がない、
という方も多いのではないでしょうか。

もし、あなたも働きながら試験勉強に取り組んでいるとしたら、

机に向かえる、まとまった時間だけでなく、

ほんの少しのスキマ時間でも、
いつでも、どこでも勉強できるというイメージに切り替えましょう。

1回10分のスキマ時間でも、

1日に3回あれば30分、

1週間で210分・・・3時間半の勉強時間になります。

この少しの意識の差が、習慣の差になり、合否を分けるのです。

学校の勉強のイメージを引きずって、
まとまった時間がないと勉強ができない、と言う思い込みをするのは致命的です。

スキマ時間を勉強時間に変えて、学習時間の絶対量を増やしていきましょう。

スキマ時間の使い方が試験の結果を左右するといっても過言ではないでしょう。

そこで、誰でも短期間の勉強で宅建士試験に合格できるように

開発したのが「東大式記憶術宅建士試験一発合格脳プログラム」です。

宅建士試験に合格するためには、
満点ではなく合格ラインの得点を狙えばいいのです!

ただし、単に手を抜けばよいということではなく、
試験範囲の中から捨てる項目としっかり覚える項目とを判別し、
必要なものだけを確実に頭に入れるという学習が必要です。


【東大式記憶術】宅建士試験一発合格脳プログラム

宅建試験合格のため
短時間で、簡単に記憶できる教材があります。

過去5年間の合格点数からもわかるように宅建士試験は、
7割前後、得点ができれば合格基準点なのです。

あなたが目指すのは「宅建士試験に合格すること」であり、
「宅建士試験で満点を取ること」ではない、という事をしっかり心に留めてください。

当たり前のようなこの意識の違いが、非常に大きな学習効率の差をもたらします。

宅建士試験は、7割前後の得点を取ることができれば十分に合格できる試験です。
合格ライン以上の点数を目指せばよいのですから、満点を取る必要はありません。

しかし、このことを意識していないと、
一生懸命に勉強すればするほどいつの間にか、
「試験に合格するためには、全てのことを完璧に覚えないといけない」となりがちなのです

従って、出題される可能性の高い出題範囲に絞って学習する事が重要です。




絶対に、宅建試験に合格したい人に

宅建試験対策の時間を無駄にしたくない

満点ではなく合格ラインの得点を狙う」といっても、ただ単に手を抜けばよいということではなく、試験範囲の中から捨てる項目としっかり憶える項目とを判別し、必要なものだけを確実に頭に入れるという学習が必要です。

この時、学習すべき項目の指針となるのが、
本試験に一番近い情報である、「過去問題」です。

当然、過去問題と同じ問題が出題される訳ではありませんが、
本試験で、どの辺りの知識を、どのように問われるのか?
という傾向を知るためには、やはり過去問題が最適です。

「過去問題」を学習することで、どんなレベルの知識が、どのような形式で問われるのか?という情報を知ることができ、それに沿って付随した知識内容を学習することで、効率よく試験勉強に取り組むことができます。

試験で問われるレベルの把握ができないと、
余分な知識まで詰め込んでしまうことにもなるからです。
posted by 宅建試験に合格 at 01:25| 東大式記憶術で宅建合格に | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

宅建試験は難しいといわれますが

宅建試験は難しいと言われていますが
「試験に出るところだけ完璧にする」
「短期間で確実に覚えられる記憶法を使う」

これができるかどうかで独学で短期合格できるかの成否は決まります。
現在、これを実践するための「坪式学習法」という独自の学習法モデルを考案し、
大学の宅建講座の生徒さんにも結果を出してもらっています

宅建試験に独学で初学者の方が、ゼロから勉強を始めて3ヶ月間で合格するための
具体的スケジュールをプログラムとして作り上げました。

 平日は朝1時間と夜1時間(計2時間)、土日は各3時間の学習時間で
合格するプログラムです。働きながらでも十分こなせると思います。
全体を大きく3期に分けて、期別の学習科目および各科目の学習時間、
および具体的にこなすべきことまで詳しくお伝えします。
 これをペースメーカーにして、合格まで一直線に走りきってください。

*事情によりかなり短い期間で合格する必要がある方もいるかもしれません。
また、平日・土日の学習時間を増減したい場合もあるでしょう。そういった場合は、
自分の状況に合わせてスケジュールを組み替えていただいて結構です。
プログラムのルールにのっとって、毎月の学習時間、1日の学習時間をはじき出してください。
それが、あなたが次回の試験で合格するための日々の最短の学習時間です。

*半年計画で学習を進めたい方も多いですから、標準的なプログラムを作っています。


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法

宅建学習法の実践は
あなたが最初にやるべき作業とは?
 いきなり一生懸命過去問に取り組んでも、あるいは基本書を読み込んでも
時間ばかりかかって効率は非常によくありません。
 そこで、あなたに最初にやっていただく作業があります。
これが終わった後には、あなたは宅建試験の隠された秘密を発見した気持ちになることでしょう。
試験に出る宅建試験のキモ」を視覚的に理解できるようになります。
 最初にこれを知ることで横綱相撲をとるがごとく、精神的に余裕を持って試験に出る
重要ポイントを学習していくことができます。

「権利関係」で成否を分ける【権利変動図】の描き方とは?
 主要3科目のうち、「権利関係」では民法を中心に具体的な事例が必ず出題されます。
そこで私が「権利変動図」と呼んでいる図式化の方法が大変有効です。
 問題文では売買契約等のやり取りについて、Aさん、Bさんなど複数の登場人物が登場します。
最近の出題は長文化傾向にあり、3人、場合によっては4人も登場し、権利関係が生じるケースも
あります。
 こうした問題では、時系列で生じる権利関係の変動を間違いなく把握することが
不可欠になるのです。一般的な基本書では、ここの踏み込みが甘いものが多いのです。
 そこで、実際に出題された問題を事例として権利変動図についてお教えしますので、
皆さんには実際に書けるようになっていただきたいと思います。

「宅建業法」を得点源にするには?
 この科目が苦手では、合格はおぼつかないことになります。
ただし、基本書でのボリュームから甘く見てはいけません。
「宅建業法」は、宅建業の実務に従事している方であれば、日常的なルールが
定められているものだと言えます。勉強することはその再確認をすることに等しいでしょう。
 ところが、一般の方であれば、そうはいきません。なめてかかると、痛い目にあいます。
 そこで、ここを得点源にする方法と、他の受験生がやっていない方法でイメージから
グッと楽に覚えられる方法をお伝えします。


「法令上の制限」の攻略法とは?
 内容をイメージしにくいため、多くの受験生が苦手です。
例えば、「第一種低層住居専用地域」の場合は、都市計画法(9条)にあるように
「低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域」という具合です。
基本書では例外なく、これら地域について法文上の説明がそのまま書かれているにすぎずません。
おそらく、これらをすっと覚えられる人はいないでしょう。
 そこで、ある無料のウェブサイトを有効活用します。基本書だけで学習するより
はるかに覚えやすくなるはずです。
 ぜひ活用してラクに覚えられる工夫をしてください。

宅建試験は理解か? 暗記か?
「法律の勉強だからまずは理解して・・・」と考える方も多いでしょう。
ただし、気をつけて欲しいのは「覚えることを避け、“理解”に逃げるうちに
試験日はやってきてしまう」という落とし穴です。
 宅建試験は論述式ではなく、択一式です。
試験では理解の度合いを問うわけではありません。権利関係でも、条文、判例といった
事柄を知っているかが問われるのです。それも、うろ覚えでなく正確に知っているかを。
 “理解”は、勉強の面白さ・醍醐味でもありますが、ここに軸足を置いてしまうと
学習期間はどこまでも長くなってしまいます。また、どんなに理解を深めても、
宅建試験で問われる細かな知識が自然に覚えられるわけではありません。
「試験に出題されることは確実に覚える。暗記する。理解は暗記を助けるためのもの」
このことを前提にした学習法をお伝えします。

通学を選ぶ方へ ~損をしないための心得~
 通学を選ぶ方もいらっしゃるでしょうが、坪式宅建学習法は予備校に通学していても
併用して使うことができます(テキストは予備校のもので構いません。通信講座の
場合も同様です)。
留意いただきたいのは、通学の意味は知識の習得ではありません(それは独学でも十分出来ます)。
ペースメーカーにもなりえますが、それだけでは大変もったいないです。
 合格していった多くの生徒さんに共通していたことですが、通学する場合に心得ておくべき
取り組み方をお伝えします。


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法

宅建試験は難しいと言われていますが
「試験に出るところだけ完璧にする」
「短期間で確実に覚えられる記憶法を使う」

これができるかどうかで独学で短期合格できるかの成否は決まります。
現在、これを実践するための「坪式学習法」という独自の学習法モデルを考案し、
大学の宅建講座の生徒さんにも結果を出してもらっています
ラベル:宅建試験 難しい
posted by 宅建試験に合格 at 16:21| 宅建合格の攻略マニュアル | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

あなたが宅建試験を独学で最短合格できるように

宅建試験に独学で初学者の方が、ゼロから勉強を始めて3ヶ月間で合格するための
具体的スケジュールをプログラムとして作り上げました。

なぜ、「3科目だけ」の学習で合格できるのか?
 主要3科目の配点は42点ですから、これだけで合格ラインをクリアすることができます。
「合格ラインに対して5点ほどしか余裕がないけど大丈夫?」と思われるかもしれません。

 しかし、実際には、他の科目で0点ということはなく、意外と点数が取れるものなのです。
 理由は、常識で判断できる問題が数題はあるからで、これは、宅建講座を担当してきた
経験から断言できます。


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法

 現在、大学の私の講座では主要3科目しかやりませんが、
平均合格率を上回る合格率となっています。

 昨年は44点で合格した学生もいました。
ですので、余計なことを考えずに3科目に全力を集中させることが大切です。

宅建試験に独学で短期合格マニュアルの
メリットをまとめると次のようになります。

残業で忙しい会社員でも、ゼロから独学で短期間(3ヶ月程度)に合格
する力を付けられる
徹底的に無駄を省き、試験に出るところだけ完璧にする学習法が分かる
記憶術を駆使して宅建試験に必要な事項を効率よく覚えられる
モチベーションを最初から最後まで高く維持できる
科目別の具体的な攻略法がわかる
本番の試験で100%実力を発揮できる方法がわかる


あなたが宅建試験を独学で最短合格できるように、一人でも途中で決してやり方に
迷わないような内容に作りこみました。

宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法
posted by 宅建試験に合格 at 12:25| 宅建合格の攻略マニュアル | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

宅建試験を3ヶ月で突破する場合は「最小の時間」

宅建試験対策のプロとして断言出来ますが、
1日30分・2ヶ月間で受かる方法は存在しません。

“1日30分・2ヶ月で合格!”・・・
残念ながら宅建試験はそこまで甘い国家試験では決してありませんし
魔法のような方法論ではありませんでした。

 30分で合格できるのなら信じてみたいという
受験生の気持ちは分からないでもないですが、結局甘い言葉を
信じて痛い思いをするのは受験生の方だけなのです。

「いったいその方法でどれぐらい勉強すれば宅建試験に合格できるのか?」
が気になることと思います。私の勧める坪式学習法カリキュラムでは、
平日朝1時間・夜1時間、土日は3時間程度取れれば3ヶ月で合格ラインを
突破できるプログラムになっています。


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法

 これは、現在の宅建試験を3ヶ月で突破する場合は「最小の時間」
考えていただいてよいでしょう。
(したがって、もっと短い期間しか学習期間が無い場合は、1日の学習時間を
逆算して増やすことになります)

宅建試験学習法の実践
あなたが最初にやるべき作業とは?
 いきなり一生懸命過去問に取り組んでも、あるいは基本書を読み込んでも
時間ばかりかかって効率は非常によくありません。
 そこで、あなたに最初にやっていただく作業があります。
これが終わった後には、あなたは宅建試験の隠された秘密を発見した気持ちになることでしょう。
「試験に出る宅建試験のキモ」を視覚的に理解できるようになります。
 最初にこれを知ることで横綱相撲をとるがごとく、精神的に余裕を持って試験に出る
重要ポイントを学習していくことができます。

「権利関係」で成否を分ける【権利変動図】の描き方とは?
 主要3科目のうち、「権利関係」では民法を中心に具体的な事例が必ず出題されます。
そこで私が「権利変動図」と呼んでいる図式化の方法が大変有効です。
 問題文では売買契約等のやり取りについて、Aさん、Bさんなど複数の登場人物が登場します。
最近の出題は長文化傾向にあり、3人、場合によっては4人も登場し、権利関係が生じるケースも
あります。
 こうした問題では、時系列で生じる権利関係の変動を間違いなく把握することが
不可欠になるのです。一般的な基本書では、ここの踏み込みが甘いものが多いのです。
 そこで、実際に出題された問題を事例として権利変動図についてお教えしますので、
皆さんには実際に書けるようになっていただきたいと思います。

「宅建業法」を得点源にするには?
 この科目が苦手では、合格はおぼつかないことになります。
ただし、基本書でのボリュームから甘く見てはいけません。
「宅建業法」は、宅建業の実務に従事している方であれば、日常的なルールが
定められているものだと言えます。勉強することはその再確認をすることに等しいでしょう。
 ところが、一般の方であれば、そうはいきません。なめてかかると、痛い目にあいます。
 そこで、ここを得点源にする方法と、他の受験生がやっていない方法でイメージから
グッと楽に覚えられる方法をお伝えします。

「法令上の制限」の攻略法とは?
 内容をイメージしにくいため、多くの受験生が苦手です。
例えば、「第一種低層住居専用地域」の場合は、都市計画法(9条)にあるように
「低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域」という具合です。
基本書では例外なく、これら地域について法文上の説明がそのまま書かれているにすぎずません。
おそらく、これらをすっと覚えられる人はいないでしょう。
 そこで、ある無料のウェブサイトを有効活用します。基本書だけで学習するより
はるかに覚えやすくなるはずです。
 ぜひ活用してラクに覚えられる工夫をしてください。

宅建試験は理解か? 暗記か?
「法律の勉強だからまずは理解して・・・」と考える方も多いでしょう。
ただし、気をつけて欲しいのは「覚えることを避け、“理解”に逃げるうちに
試験日はやってきてしまう」という落とし穴です。
 宅建試験は論述式ではなく、択一式です。
試験では理解の度合いを問うわけではありません。権利関係でも、条文、判例といった
事柄を知っているかが問われるのです。それも、うろ覚えでなく正確に知っているかを。
 “理解”は、勉強の面白さ・醍醐味でもありますが、ここに軸足を置いてしまうと
学習期間はどこまでも長くなってしまいます。また、どんなに理解を深めても、
宅建試験で問われる細かな知識が自然に覚えられるわけではありません。
「試験に出題されることは確実に覚える。暗記する。理解は暗記を助けるためのもの」
このことを前提にした学習法をお伝えします。

通学を選ぶ方へ ~損をしないための心得~
 通学を選ぶ方もいらっしゃるでしょうが、坪式宅建学習法は予備校に通学していても
併用して使うことができます(テキストは予備校のもので構いません。通信講座の
場合も同様です)。
留意いただきたいのは、通学の意味は知識の習得ではありません(それは独学でも十分出来ます)。
ペースメーカーにもなりえますが、それだけでは大変もったいないです。
 合格していった多くの生徒さんに共通していたことですが、通学する場合に心得ておくべき
取り組み方をお伝えします。


宅建試験に独学で短期合格するツボ式学習法
ラベル:方法 合格 試験 宅建
posted by 宅建試験に合格 at 03:47| 宅建合格の攻略マニュアル | 更新情報をチェックする